img.wp-smiley, img.emoji { display: inline !important; border: none !important; box-shadow: none !important; height: 1em !important; width: 1em !important; margin: 0 .07em !important; vertical-align: -0.1em !important; background: none !important; padding: 0 !important; }
 >  >  > G-Star Raw ジースターロウ GS606S 604 Burgundy Thin Rovic Round サングラス Lens Category 3 (Brown) 小物【送料無料】【代引不可】【不可】 外野フェンス peak】 バットケース付き

嘘も本当も本音で話したい

好き嫌いを喋るなら、建前なんてすっ飛ばして本音で話したいですよね。

G-Star Raw ジースターロウ GS606S 604 Burgundy Thin Rovic Round サングラス Lens Category 3 (Brown) 小物【送料無料】【代引不可】【不可】 外野フェンス peak】 バットケース付き

      2016/22

北条かやさんが最近ネットで話題になっていて、調べてみると嫌っている人が多いというか、まぁ現在炎上中なのでしょうがないのかもしれませんが。

個人的には別に嫌いという訳でもないのですが、なぜ北条かやさんがここまで嫌われるのかの理由について個人的に思ったことを書いてみます。

G-Star Raw ジースターロウ GS606S 604 Burgundy Thin Rovic Round サングラス Lens Category 3 (Brown) 小物【送料無料】【代引不可】【不可】 外野フェンス peak】 バットケース付き専門通販店激安セール

前回の記事ではこの話題には触れていませんでしたが、北条かやさんが嫌われる理由を考えるにあたり無視できない問題です。

発端は北条かやさんが呟いたツイートで、
「それにしても日曜のお医者さん、咳止めとビタミン剤で7000円とるってどやねん」というものでした。

これに対し医療関係者をはじめツイッタラーさんたちがそれぞれ意見をツイートしていました。

一連の流れはこちらのtogetterにまとめられています。
咳止めとビタミン剤で7000円とるってどやねん」から始まる「風邪で救急外来受診」「風邪に抗生物質」のお話

一部抜粋すると
「日曜のお医者さん、咳止めとビタミン剤で7000円とるってどやねん」てツイート見たけど、休日の救急受診扱いでの加算はそういうもんだよってこと以上に、それで高いと思うならアメリカで風邪で受診してみなよとは思う」

そんな意見に対し北条かやさんは
「そのくらいかかるのは覚悟した上で、翌朝の仕事のため、抗生物質を頂こうと受診しました。でも抗生薬は出なかった。それで7000円は、貧乏人には高く感じるんです。加算の内訳も米国の事情も知ってます。あなたにそこまで言われる筋合いはない。」
と反論します。

すると今度は別の方が
処方が無いと入手できない薬、て「医師の責任において」出す薬だからねえ…
患者が欲しい薬を出せ!て騒いでるのって、責任取れもしない人が他人にリスクを背負わせるためにギャーギャー騒いでるだけなんだよね。」
「処方箋にハンコつく」て責任が伴うからねえ。
患者の思い込みだけで薬出せと言われても、ムリですわ。」とこれまた正論を呟きます。

すると北条かやさんは
さっきから、お医者さん界隈が「北条は抗生物質もらおうとして救急外来へ行ったアホ」みたいな感じで盛り上がってる。皆さんのイライラはお察しするけど、いくつかのツイートだけで「北条かや」を分かった気になって盛り上がってるだけよね。だから「医者クラスタ」とか言われるんじゃないの?
とツイートします。

さらに北条かやさんは
医師からの悪口が目立つ。もうやだ。無一文からフリーで仕事したことないでしょ?事務所に迷惑かけられない仕事したことないでしょ?ちょっとのツイートだけで、私をモンスター患者みたいに言うの、もうやめて
と、これまたお得意の者然とした振る舞いで応じます。

コスプレで女やってますけど(北条かやさんのブログ)でも言及

またツイッターだけでは物足りなかったのか、北条かやさん自身のブログ「コスプレで女やってますけど」で「救急外来の診療費が高い」って言ったら、皆さんの闇が現れた、というエントリーをお書きになります。

そこで北条かやさんは
「またアメリカ……アメリカの事情くらい、知ってますお。ついでに、こんな「医療クラスタ」も出てきはった。」と書いています。

知ってますお、というフレーズがまた相手を小馬鹿にしているようで、これも嫌われる理由のひとつのように思えます。

そもそも自身の言葉足らずを棚にあげ、「皆さんの闇が現れた」と訂正する人たちを闇呼ばわりしているところも嫌われる理由になっていそうです。

もちろんはじめのツイートの「7000円てどやねん」のどやねんも、関西生まれでない人が使う関西弁なので、少し嫌われる危険性のある発言のようにも思えます。

そして北条かやさんはコスプレで女やってますけどのブログの最後に、
ことの顛末は、ノートにも書いてるから、よかったら読んでね……と、布団の中から更新。読んで下さって、ありがとう。今からひとしごと。
と書かれ、1記事1000円の有料noteへ誘導しています。

この辺りの商魂のたくましさも嫌われる理由のひとつになっているのかもしれません。

別に私は嫌いという訳ではないですが、あくまで嫌われる可能性についてです。

「北条かや」はビジネスブスなのか。本人の意識とまわりの評価の乖離

北条かやさんはインタビュー記事によると、ビジネスブス、ブスじゃないのにブスの代表みたいなふりをするな、と言われているそうです。

これについても色々と嫌われる理由について考えてみました。

「プロ彼女」の実態。容姿偏差値のある一線で、女は“プロ”になれるか決まる/北条かやhttp://call-to-beauty.com/column/c206/
こちらの記事で北条かやさんはプロ彼女と自身を比較されています 。

「私はもちろん、プロ彼女ではない。まず、顔面偏差値が足りない。」
と書かれ、

さらに
「先日、ルポライターの中村淳彦さんと対談した。彼いわく「北条さんの顔面偏差値は、55~65くらいだよね」。うーん、恐れいった。私が「プロ彼女」になれない理由がお分かりになるだろうか。」
と書かれています。

北条かやさんは「顔面偏差値55~65」という評価を全く否定することなく受け入れています。

その上で、「偏差値70のプロ彼女と比較」して自身の立ち位置をブス側に置いています。

また、こちらの記事でも
「北条かやさんはリカちゃん人形が理想で、リカちゃん人形と比べると自分は全然。」と語っていることについて書きましたが、全体的に異常にハイレベルな存在と自身を比べ卑下するやり方は嫌われる理由になりやすいのかもしれません。

どうして北条かやさんは自分をブス側に置きたがるのか

そもそも自身のルックスレベル、顔面偏差値について標準以上であることは認めているような北条かやさん。

にも関わらず、どうして北条かやさんは自身をブス側に置きたがるのでしょうか。

これは個人的な憶測に過ぎないのですが、北条かやさんは「自身の評価は自分の文章力によるものでルックスで評価された訳じゃない」と思っているのかもしれません。

それに対し、北条かやさん以外で北条かやさんを評価したりテレビに起用している人は、北条かやさんを純粋に文章だけで評価はしていないのではないかと思います。

テレビ関係者や北条かやさんを評価する人の評価は、北条かやさんのルックスや顔面偏差値込みでの評価なんじゃないでしょうか。

でも北条かやさんはそれを認めたくない。自分は文章力で評価されている、と信じたい。だから自分のルックスは全然ですよ、というスタンスを取らざるを得ないのかなと思いました。

もちろんこれは憶測にすぎませんが。

そもそも北条かやさんは可愛いのか、ブスなのか

美醜の評価は人それぞれなので、北条かやさんを可愛く思う人もいれば、ブスだと思う人もいます。

ただ、多くの女性に取材したルポライターの中村淳彦さんが「顔面偏差値55~65」と言っているので、客観的な評価はそのくらいなのかもしれません。

北条かやさんと言えば、黒髪ストレートに眼鏡が印象的で、目指しているのは知的な女性像なのかなと思われます。

広いおでこも知性の象徴ですし、重たい前髪も印象的です。

また困り眉メイクというか下がった眉も男性受けが良いのかもしれません。

北条かやさんは自己評価と周囲の評価を一致させないと今後も苦しむかもしれない

周囲からはルックス込みで評価されているものの、北条かやさん自身はルックスは抜きにして評価されているつもりでいる。

そこの乖離が北条かやさん自身を苦しめているのではないでしょうか。

また北条さん自身、顔面偏差値55~65という評価を否定せず受け入れています。

ただ顔面偏差値70以上のプロ彼女や、以前の記事でも書きましたが、美人受付嬢にはルックスで敵わないとも認めているのかと思います。

ただ北条かやさんは美人受付嬢の事を「一流企業の受付嬢」への酷いコメントに、ちょっと共感したの中で、勝手に決めつけたような言及をしています。

北条かやさんの書かれた文章の中から抜粋すると

「(美人受付嬢は)とにかく女を武器にしているにもかかわらず、それを感じさせない。」

「事務職でありながら性的対象にされるというダブル・スタンダードは、時に嫌なものです。(中略)が、そのダブルスタンダードをむしろ自分にとって都合のいいものとして受け入れ、活用するのが受付嬢たちです」

この辺りからはなんとなくですが、顔面偏差値ではたしかに勝てない。でも私は女を武器にしていないし知的に文章力で評価されるべく頑張っている、という自負が見え隠れします。

ただ一般的に北条かやさんの評価はルックス込みです。

女を武器にして評価を高めた北条かやさん自身が、女を武器にしている人を批判・批評している訳ですから、これも嫌われる理由になるリスクを孕んでいます。

これから北条かやさんはどうしていくのか

北条かやさんは若く見えますが、もうすぐ30歳になるそうです。

今は若さや可愛さという評価の上げ底でなんとかなっていますが、これから先その女の武器がいつまで通用するかは不透明です。

いつまでも顔面偏差値70レベルを妬んだり、そんな美人をルックスだけで評価されているけど私は文章力や文章の中身で評価されている、という強すぎる自負から自由になる方が良いのかもしれません。

もちろん北条かやさん自身にそんなつもりはないかもしれないし、これは私の憶測なのでなんとも言えないですが。

ただ嫌われるリスクを孕んだ存在であることは事実なのかなと思います。

私は別に北条かやさんの事は嫌いじゃないですし、これからもがんばってほしいと思います。


そんな北条かやさんへの応援歌です。

 - 北条かや

{yahoojp} {speak-real-intention.com} xt01-zzp02-gui-4858